メルマガを発行しています。下記の登録フォームよりご登録下さい。

ヤフオクでお小遣いを稼ぎたいけれど、やり方がわからない、という超初心者向けです。
家のお片づけ、断捨離をしながらヤフオクで稼ぐ、という事を考えて作成しました。

メルマガ 主婦のにこにこお小遣い稼ぎ お小遣い3万稼ごう お申し込みフォーム

※は必須項目です

妖怪ウォッチ ハンドメイド


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

妖怪ウォッチのハンドメイドとかどうなんだろう?
と、以前から思っていました。

先週、久しぶりに大風邪をひいて寝込んでしまい、熱があったのでとにかく寝ていました。
調子が悪いと幾らでも眠れるものですが、でも目が覚めているときには辛いながらも暇です。

Huluで妖怪ウォッチが見れるのに気付き、ベッドの中でiPadでず~~っと
妖怪ウォッチを1話から見てしまいました。

具合が悪いので、見ていても途中眠ってしまってわからなくなったりもしましたが、
面白かったです。

 

これは今お茶や水を買うと付いてくるシールです。
12種類を集めると一枚の絵になるんですって。
12本も飲み物は要らないので、好きなキャラクターの物だけ4本買いました。
コマじろう、ジバニャン、ロボニャン、ブシニャンです。

コマさんは無かった。残念。

 

001

ジバニャンもコマさんも本当に可愛いですね~。

猫好きなのでどうしても猫に目が行きます。

執事役のウィスパーがもう少し可愛いともっと良かったのですが、
おじさん的な役割なのであの程度でも仕方ないのかな?

 

ヤフオクはハンドメイドもアツいですよね。

少し前、妖怪ウォッチが発売されて、
長蛇の列が出来て買うのが大変だったのだけれど、
皆さん、お子さんの為に6時間だとか8時間だとか並んで
ご苦労の上ゲットしているとテレビで見ました。

そして、ヤフオクなどでの転売ヤーのせいで売り切れてしまって、
ヤフオクでとんでもない値段で売られているという非難がましい報道も見たので、
あらあら…と思ってもいました。

 私は元々ハンドメイドが好きなので、それでは妖怪ウォッチの手作りなんてどうなんだろう?
と、妖怪ウォッチ ハンドメイド で検索したら出るわ出るわ…。
凄い事になっていました。

お母さんたちが子供の為に頑張ってハンドメイドした素晴らしい作品がザクザク出できました。

趣味アイキャッチ

子供が、姪が、甥が、あまりにも喜んだので作って出品しました♪
というような素敵な妖怪ウォッチがあったりしました。

なんと、100円均一の化粧品の頬紅ケースと100円均一の時計とフェルトで、
本物の妖怪ウォッチにしか見えないウォッチを作っている方もいらっしゃいましたよ!

 私が是非参戦したいなと思ったのは、妖怪ウォッチの生地を使った
バッグとかポーチとかですね。
子供用のミニリュックなんて、もう、見てるだけでも可愛くて楽しいです。

それに…凄い値段で取引されている物もありましたよ。
私が見かけた中で一番高かったのは、妖怪ウォッチハンドメイドリュックで
6,800円などの高値が付いている妖怪ウォッチリュックなどが幾つかありました。

それはそれは素晴らしく可愛くて、手の込んだ物でしたけど。
ハンドメイドが好きではない方に取っては、どれくらい手間が掛かるかを考えたら、
時給に換算したら、全然良い儲け話にはなりません。

その時間他の仕事をして既製品を買った方が良いのでしょう。
まだまだ既製品が少ないので作るしかないというのもあります。
しかしハンドメイド好きな者にとってはこれはかなり楽しいでしょうね。

人気キャラクターの物を作ってハンドメイド枠でヤフオクに出品。
高値で落札されたら面白くてしょうがないでしょう。

私も、どうしても作ってみたくて、生地とハンカチ等を買ってしまいましたよ。

2014-09-23 23.56.41

ところが、皆考えることは同じですね。
今見たらあっという間に凄い出品数です。

数えていた訳ではないのでわかりませんが、
寝込んでいた先週の三倍くらい出品されているのでは??

私は仕事も忙しいので、さてどうしようかな、と

 こういうものはタイミングが何より大事ですよね。
そのうち、ハンドメイドしなくても妖怪ウォッチ柄のグッズが巷にあふれて、
需要がなくなってしまうかも知れません。

 ハンドメイドで妖怪ウォッチの物を作って出品するなら今のうちかな?

クリスマス前にはプレゼント用として需要が伸びるかも知れませんね。

 

ランキングに参加しました。
応援よろしくお願い致します↓


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ